読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トヨタと1兆円

トヨタは米に1兆円以上を投資している...

<Mr トランプ>トヨタへの圧力...メキシコ工場、引き出し要求

トラップトヨタの新しい家畜についてトヨタに次の米国大統領がTwitterに投稿した。メキシコがトヨタで進めている、「それを米国で建てるか、そうでなければ大量の関税を支援する」。雇用を最優先にしているトレーディング代理店は、米国の大手自動車Fairs Motorのメキシコ工場の建設計画を批判し、ただそれを撤回したばかりだ。この橋は日本のメーカーにも向かいました。

トヨタは10億ドル(約1150億円)を買収し、メキシコに第2の工場を建設している。去年11月に起工式が行われ、2019年に完成する予定です。米国などでは20万台の乗用車「カローラ」を生産し、約2,000人を雇う予定です。

トヨタは、米国のカローラを生産するために、メキシコのバジャー(バハカリフォルニア)に工場を建設すると言っている。トヨタは、米国では高性能トヨタが新しい工場を建設するのはGranat Provinceで、トヨタは異なる基盤を持ち、Bahácarri州と混同している可能性がある。

トヨタの戸田昭夫社長は、メキシコのトヨタ新工場について、「完売していれば、雇用と地域の責任は一切負いません」と述べた。トゥウィッター大統領の発言には、Twitterが投稿されている可能性があります。

フォードは、今日、Twitterによる圧力をかけるために圧力をかけており、新しいメキシコ工場の建設を断念すると発表した。トロン氏は、ゼネラル・モーターズGM)がメキシコで小型車「シボレー・クルーズ」の一部を生産し始めたことも問題である、「米生産、そうでなければ大きな関税が払う」と述べた。この後、トヨタは目標の形をしていたが、トラップ氏の介入はますます強まっている。

トヨタ「米の雇用維持」

メキシコの新しい工場では、次期大統領からの米国大統領の名前を批判されたトヨタは、会社内で困惑している。トヨタは、Twitterの活発な発表を繰り返し、必要な対策を検討するというTrumpの意向を慎重に評価しています。

トヨタの米国法人は、Trump氏のポストを受けて、5月5日に「新しいMasico工場の建設によっても国内生産量と雇用が減少しないという説明」を発表した。米国では、現在10の工場があり、13万6千人を雇用しています。トヨタは、トラップ制度と消費者と自動車産業の利益に貢献するための協力を楽しみにしています。

しかし、トラップ氏の批判が米国の大手車だが、日本のメーカーに向かっていることを受けて、トヨタ当局は「これまでの段階は変わった」という恥ずかしさを隠すことができなかったようだ。 「トランプ氏が何かを求めているかどうかを見るために、米国の生産と雇用を通じてトヨタがアメリカ社会に定着した現状を理解したい。米国内で必要な対応があるかどうか検討したい。